おめらすたいる

あおのユートピアのサブブログ。

おうち時間について考えていたら

f:id:utopia_blue:20200422135832j:plain

手動で10分混ぜるということ

 

今週のお題「ゲーム」

 

なんだかね〜〜

文章がとにかく書きたいんです。でも、ツイッターは文字制限があるし、基本的にはコスメのレビュー等をしているのでこうとなれば用意された場所は一つ。ここです、サブブログ。

そもそもサブブログをなんで作ったかというと

メインブログの韓国コスメ関係以外でなんとなく書きたいこととか映画のことやアートのこととか、そういう私の趣味の話をしようと思っていた。結果、メインブログ「あおのユートピア」とは差別化できているのもののなかなか更新できていない…

それでも誰かが暇つぶしにでも読んでくれたら良いや。

 

ちょっと嫌なことがあってね、ずっと胸のあたりモヤモヤしてて苦しいんだけどそういう時に欠かせないのが高精度のノイキャンが使えるヘッドホン。ま〜〜〜〜じで買ってよかったものの一つに、ちょっと高めのヘッドホンがある。何度か書いたような気がするんだけど、ソニーのワイヤレスヘッドホン今は型落ちで新しいモデルが出ているけど、正直3万くらい出す価値が余裕である。もし今手持ちのヘッドホン壊れたとしても、すぐ同じシリーズの買う!と言い切れるほどないとダメ。

 

 

別に音楽を流さなくても、本体の電源を入れなくても何か聞きたくない雑音…ノイズがそこに止まっているときこれを装着すればほとんど聞こえなくなるのでものすごく落ち着きます。イヤーパッドのところに掌を当てると一時的に周囲の音が聞こえるのも便利すぎるし、同じく右のイヤーパッド上で左右上下に指を滑らすと音量調節、曲の切替、一時停止等々…ものすごく便利です。

 

 

ANAの国際線ファーストクラスでこれ置いてあるらしいわ。。。

そうそう、もう一つすごいのが専用のアプリがあって位置情報をオンにして歩けば歩いてることを認識して周囲の音を聞きやすくするモード(車の音とか聞こえないと危ない)とか

その人の装着感や気圧(飛行機乗ってるとき耳が痛くならない)を認識して勝手に最適化してくれるという。

これを購入するときは、中学生の時から漠然と憧れだった『お高いヘッドホンを使う』という夢をかなえるために当時夢中で追っていた(ビリーバーでした)ジャスティンが愛用していたり、ジャスティンモデルが出たりしたことで惹かれていたビーツと迷ったんだけど装着感と音質を考えてこっちに。

耳痛くならない、一回の充電でめっちゃ持つ…良いことしかないじゃない。

まあ、今追加でヘッドホン買うならbeats欲しいけどね鑑賞用に…

 

あつ森について書くつもりだったのになんでソニーの回し者みたいになってるんだろう。

ここ半年本当に本当に自分の中に新しいものがたくさん取り込まれた期間でした。前の記事でも書きましたけど、これまでスラムダンクやギャグ漫画日和、花より男子ホットロードくらいしか漫画集めたことなかた人がアニメをよく見るようになったりこれまでちょっと距離置いて見てた「ゲーム」に対する興味が湧いたり。まさか、何かしらアニメーションのCMを見たとき耳で聞いてあのキャラクターの声かな?とかあの声優さんかしら?と考えるようになるとは思ってなかった。新しい世界を見てます、楽しいです。役者さんってすごいなあっていうのと同時に、私がPUBGにハマらなかったら声優という仕事について全くの無知だったことを実感したね。半年前の私は、声優さんが舞台に出ることとか歌手をしていたりめちゃくちゃギターうまかったり朗読していたりナレーションしてたりエッセイ書いてたり踊ったりするなんて本気で知らなかった。。。声を生業とした職業をちょっと知ったことによって、世の中には私がまだまだ知らないお仕事がたくさんあるんだろうなあと思いました。

高校生の時、近所の映画館に突然行きたくなったことがあって(当時は映画が苦手だった)何やってんだろ〜〜と思って調べたらあるアニメがあってね。普段は全く興味がないのに、そのときは予告動画のサムネイルがめちゃくちゃ綺麗でつい再生を押した。そして、絵の綺麗さとその裏で流れる音楽に心掴まれて放課後に観に行ったんです。確か公開初日?かなんかでポストカードもらったりして。

それが、「言の葉の庭」でした。バックで流れていたのが秦さんの「Rain」…

 

Rain

Rain

  • 秦 基博
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

 

ストーリーはあんまり面白くなかったんだけどキャラクターの声と、雨の描写、そして秦さんの歌にめちゃくちゃ感動してね〜。この映画をきっかけに雨が好きになりました。今でも雨の日、雨上がり雲間に太陽が差したあの感じ、そういう瞬間は秦さんのrainか言ノ葉を聴きます。

 


秦 基博 - 「言ノ葉」 Music Video-Makoto Shinkai / Director's Cut

 

あ、お題箱で出てきた「ゲーム」について。

ゲームに関して私という人間がどれだけ無縁の人生だったか、前の記事に書いたんだけどあれ書いた後にそこまで無縁というほどではなかったかもと思ったんですよね。というのも、小学生のときは初代DS、DSライト、Wiiフィット、あとおばあちゃんちにあったファミコン(グレーの)でボンバーマンストリートファイターをやってたんだ。ストリートファイターでは青い衣装のキャラクターが好きで個人的に確か強かった気がする(いつも勝ってた)。

ボンバーマンは本当に好きで、ずっとやってた。ファミコンも古いものだったから毎回カセットが反応しなかったり、それでホコリをふーって払ったりしてたなって。小さいブラウン管のテレビで遊んでた。畳の部屋。

そうそう、スーパーファミコンだ、1990年発売らしい。その5年後に私生まれた。

あと、ドンキーコングもやってた。今使ってるスイッチで、レトロゲームできるんだけどそこでファミリーテニス🎾やってる。テニスずっとやってたから、思い出すつもりでプレイして見たら思いの外アナログさが面白かったのと、アナログなのに変なとこめっちゃ忠実だったりそういうのも面白いです。意外に難しいしね。ボールの音がリアルで良い。

 

いつになるかも、かなうかもわからないけどもし今後ゲーミングPCを買うことがあれば絶対APEXやりたい…。

今年になって今更、という感じだけどスイッチでマイクラを始めたのですがあれ孤独感を感じるとともに変に集中力が鍛えられて、黙々と石を削っていったら下まで行きすぎてマグマダイブして死ぬという(まじですぐ死ぬのでピースモードにしてる素人)ことを繰り返しながら、バックで流れるあのマイクラの音楽の心地よさを感じたり

自分で初めて建てた豆腐ハウスが崩せなかったり、遠くまで行きすぎて拠点に戻れんくなったと思ったら「自分の中にこんな空間認識能力あった!?」と驚くほど帰り道、方角を覚えていたり。でもまだ村を見つけたり遠くの島にたどり着いたりはしていない。あと、あつ森が届いてからはそれしかやってないのでもう1ヶ月くらいマイクラしてない。

正直、これ(マイクラ)かなり得意不得意が分かれるゲームだなあと思ったのとこのゲームを小さい時からしてたらいろんな部分が鍛えられるだろうと本気で思いました。空間認知はもちろん、記憶力とか何かを完成させるまでのプロセスを頭で考えること、大人の私でも普段使ってない部分の脳が動いてる〜〜〜〜〜と思ったもん。

長らく近況を知らなかったら京大の学生になってた幼なじみが同じく小学生の頃私の隣でやっていたことは、パソコンで当時は英語しかなかったジェットコースターを設計するゲーム。あれも今になって考えたら、図形に強くなれるなって。

 

ボードゲームなら、昔から好きなのがブロックスですね。

ブロックス BJV44

ブロックス BJV44

  • 発売日: 2014/04/26
  • メディア: おもちゃ&ホビー
 

これも頭使うから、小さい時からやっててよかったボードゲームの一つかも。今でも親戚が集まる時とかやることがありますが、本当面白いんだよな〜〜〜〜

 

大学卒業する頃にはまったのがルービックキューブ

 これも小さい時からやってればよかった!と後悔したおもちゃ。

 

ゲームセンターなら、現実世界の運転はアホみたいに下手な私でもいつも勝ってしまう湾岸ミッドナイト。現実でどのくらい下手かって、実技試験に何回も落ちたことですね。

 

 

ちなみに今、ヒプマイのプレイリストを聴いていました。

勉強します…

今読んでいる本は原田マハさんの「あの絵のまえで」です

〈あの絵〉のまえで

〈あの絵〉のまえで

  • 作者:原田 マハ
  • 発売日: 2020/03/18
  • メディア: 単行本
 

 

それでは。

独り言でした。

Twitterやってます〜!インスタも!

今の環境で、ヒンスが韓国に戻ってから、キャンセルしたんだけどそれがあってからなかなかコスメ購入に踏み出せなかった(多分1ヶ月くらい)のですが今日久しぶりに韓国コスメを注文しました…

 

 

www.instagram.com