omelaStyle

あおのユートピアのサブブログ。

【ブルベ夏・ウェーブ】パーソナルカラー診断・骨格診断行ってきました

f:id:utopia_blue:20190515221548j:plain

みなさんこんばんは!

今日も今日とて韓国コスメで頭いっぱいだったおめらすです。

 

f:id:utopia_blue:20190515220840j:plain

 

1月ごろに予約していた(5月までいっぱいだったため)地元の個人サロンさんに!結果から言うととても楽しくてヒーリングになりましたし、サロンの雰囲気が落ち着くような内装だったので眠たくなるほどリラックスした4時間でした…

ちなみに地元なので場所はもちろんお伝えできないのでご了承くださいㅠㅠ

私がみていただいたサロンは、PC診断と骨格診断で約一万円ほど。

すごく良心的な価格でありがたいなあと思っておりました。

 

結論から言いますと(もうツイッターにもインスタにも書きましたが)

www.utopia-blue.com

www.utopia-blue.com

パーソナルカラー:ブルーベース(2nd冬)完全なるクールトーン

骨格:完全なるウェーブ

 

でした!

 

f:id:utopia_blue:20190515221048p:plain

 

これはほとんど想像通りの結果でしたが、まさか100%クールトーンだとは思っていなくて、セカンドは春かな?と思ってました(スプリングへの願望)

本当少しもウォームトーンが入っていないそうです。特にペールトーンの淡い色味(ミントグリーンやレモンイエローなど)が得意だそうで、夏のドレープはスイカ色を除き全てOKでした。

骨格に関しても100%ウェーブと(これはなんとなく分かってた)のこと。

 

パーソナルカラーって、私すごくプラスに考えてます。

メイクの幅を狭めるとか好きな色が似合わないと言う辛さはもちろんあると思いますが、一つの指標として・一つの参考として・一つの選択肢として…

迷った時の色選びを助けてくれたり、人それぞれがもつ固有の素材をより生かす…より素敵に見せるためには何を選べばいいのか?ということ知れるのって大儲けじゃないでしょうか。

特に最近になって思ったのは、私は韓国コスメが大好きだけど実際にみに行く事は簡単にできないですし、私は韓国には行ったことがありませんし(これみなさん驚かれますが)そうなると頼りになるのは韓国のクリエイターさんやブロガーさんインスタグラマーさんのスウォッチであったりするわけです。写真と動画、公式の写真。

そうなってきた時に、失敗はしたくないしお金も無駄に使いたくないけどこのアイテムは欲しい!っていうそんな時に、『何を選べば失敗せずに私に似合ってくれるかな?』という手助けをしてくれるということです。

シーズンごとに似合う色がありますし、それこそメイクでも髪色でもネイルでもファッションでも!その人が持つパーソナルな特徴を前面に引き出してより魅力的にしてくれるカラーを知ることって結構助かる気がしました。

好きな色や好きなファッションを楽しむ時が一番楽しいのは私も同じですが、例えばフォーマルなシーンでより信頼感のある説得力のある自分を表現したい時はPCのカラーを選んで服装を決めたりメイクをしたりするとプラスになるだろうし、「自分らしさみたいなものを出していきたいな〜!」っていう日には自分の好きな色を身につければそのままの自分でありながら良い気分もプラスされてキラキラして見えるはずです。

 

私の話になりますが

私はとにかく小さい時からリサフランクの文房具を使っていたりバービー人形に着せ替えするのが大好きだったりキラキラしたサンダルや蛍光色のチョーカーをつけるのが大好きでした。小学生から中学生、高校生はとにかく「ポップなカラー」が一番大好きで部屋中が黄緑色でした。自転車も筆箱も電子辞書もイスもカーテンも時計も全部黄緑色。ワクワクするんです。緑が一番私らしい気がして。

だから今でも一番好きな色は黄緑と紫です。

だけど蛍光っぽい黄緑というとクールトーンではないわけで。

だけど私は好きな色を嫌いになってはいませんし、今後も何か買うときは緑を選ぶでしょう。キラッキラも大好きで、ラメのあるものを見るだけで心が満たされるし、ラメを見ると心の中がフワ〜〜〜って幸せでいっぱいになります。

だけどサマーの人はギラギラしすぎずにどちらかというとパールっぽいアイシャドウが良いとされてる。でも私は今朝もがっつりでっかいラメをまぶたにのせました。気分はルンルンです。

 

最近ではどんどんパーソナルカラーをマーケティングとして使う例が増えているなと感じますよね。雑誌でも頻繁にブルベ?イエベ?なんて特集がありますし、コスメブランドもイエベさんにはこれブルベさんにはこれ!という感じで…

でもそれは物が売れるからです。物を売りたいから、マーケティングの一環として使っている要素なわけです。それはそうだ。ブランド側としては、そうした方がこれまで注目されてなかったものが急に売れたりするわけで…

だけどPC診断は決して安いものではありませんし、AIを導入したと言ってもやはり学んで実績のあるプロの方に見てもらわなければわかりません。ピンク系のお肌を持つ人がブルーベースではありませんし、黄味があるからとイエローベースになるわけではない。でも『今までそんなこと気にもしてなかったし、診断に興味があるけど高いし敷居が高そうだし行けない』っていう方もちろんいらっしゃるでしょう。

 

私たちのまわりがパーソナルカラーというものをマーケティングに入れてきたことによって、多くの人が診断を受け結果のシーズンのコスメや服をSNSなどで紹介する。もちろん私もその一人ですが、そうなると残された人たち(診断を受けてない人たち)はどうなりますか?そうです、不安になるんです。これは人間の心理で「残されている」と感じるとその集団に自分も入りたいと思ってしまうものです。日本人は特にその傾向が強いですから、集団意識で「私も診断しなきゃ」「私のパーソナルカラー知らなきゃ」と思ってしまうわけです。そういう風にして物が売れていくと私は思います。

でもそれは必須ではなく、絶対に必要なものでもありません。

 

不安にならなくても大丈夫。

戸惑わなくても大丈夫。

 

好きなメイクをする時が楽しいならその日は好きなようにメイクをして、でもある日使ったことのないリップを使ったら浮いて見えるなあ?あれ?という瞬間があればもしかしたらパーソナルカラーが関係しているのかもしれません。

それでPCに興味を持ってたくさん調べていくうちに「私も自分のシーズンを知りたい!」と思えば、バイトして働いてプロの人に見てもらうためにお金を払う。

そこまでするほどでもないかな〜って思う方は、なんとなく挑戦カラーとしてその色を使ってみたりチークとして代用したり、なんとなく頭の隅に置いて大事な日は「これは自分に似合うんじゃない?」という感覚でその日のメイクを決めればいい。

 

だからメイクの幅を狭めるというより、メイクの幅を広げるものなのでは?と思います。自分に似合う色がわかったから、それではちょっと強めに見せたいから普段使わない彩度高めの赤リップ使ってみようとか、秋になったから目元も秋っぽくして紅葉でもみに行こうか〜とか。そんな風に自分の素材を活かしたりトッピングして変化させたりして「楽しむ」ことができるツールだと思う。

実際に何を着ればいいのかわからなくて、何を着てもしっくり来なくてなぜか野暮ったく見える・・・と本当に困っている人がいたら、きっとパーソナルカラー診断や骨格診断に救われるでしょう。そのイメコンという概念そのものがその人には魔法のように感じられて、毎日がもっともっと楽しくなるはずです。

>>以前、サブブログで書いた「平成最後のメイク記録」の中で引用している本「だから私はメイクする」では”パーソナルカラーに助けられた女”というエッセイが入っています。ぜひ。

www.omelastyle.com

 

指原莉乃さんは、何ヶ月か前?くらいに

パーソナルカラーと骨格診断を受けに行かれたそうで

結果としては「黄み肌のブルーベースビビット」セカンドがスプリング、くすみが苦手でサマーもOKということだったそう。骨格はほぼウェーブ、

 

 

でも、指原さんが過去に仰ってたのは

 

ということや、確か(不確かです)握手会の時は自分の好きな色、テレビに出る時は似合う色を着る(メイクも)という旨のことも仰ってたんです。

まさにそれだ!と思いますね。

好きな色、似合う色を自分が好きなように使い分ければいい。

TPOに分けて使い分けよう〜って思ってもいいし、仲のいい幼馴染とカフェ行くから今日は好きな色でテンションあげよ!とか。実際さっしーさん、先日韓国行かれてた時に購入してたものもパーソナルカラーウィンターとは真逆の色をたくさん購入されていましたし、一緒に投稿されていたお写真もとっても可愛かったです。

 

ちょっとツイッターに書いたけど、

私はスプリング系のカラーが大好きなんです。

コーラルも、暖かいピンク色も!実際私の愛する韓国コスメはウォーム系が多いと思いますし、オレンジやコーラルのアイシャドウを使うとどこか韓国っぽい雰囲気が出るなと感じています。韓国で人気なるリップスティックやティントの色も朱赤が多いし、私の結果であるサマーとは正反対の色が人気になる印象なんです。

 

過去にメインブログの方で紹介したクリオのシンプリーピンクも、

www.utopia-blue.com

ペリペラのピーチコレクションのパレットも

www.utopia-blue.com

全部ウォームトーンですが私は大好きです。

 

私が好きになるアイドルや女優さんもどちらかといえば、あたたかくてふんわり優しい明るい感じの方達ばかり。下の記事に挙げられている方々みなさん私の憧れです。

IUちゃんやパクボヨンさんなんて「なりたい」そのものですもん。

www.utopia-blue.com

 

そんなように、私は自分がブルーベースのサマーだと分かっても

ウォームトーンのコスメたちが埃をかぶるとか、捨てるとか、絶対使わないとか、そんなこと絶対ありえません。骨格はウェーブでサマーということは美人百花のような雰囲気がまさにドンピシャでフェミニンな印象がぴったりなのですが、私はカンケンバッグが大好きだしストリート系のファッションに心奪われる。真っ黒なスキニーにドクターマーチンという格好が永遠に私の好きなスタイルであるし、ごついライダースジャケットも着て真っ黒なデカめのバックパックも背負うし、ユニクロで長年集めてきた大好きなウォーホルコラボのTシャツも着る。好きだから。

でも、私には美人百花のようなファッションをすれば若々しく、クールトーンの色を使ってメイクをすれば目のクマも薄く見え、肌がより美しく生き生きして見えるて洗練されるという情報・選択肢がある。いつかそれを何かの勝負として使えるかもしれないし、もしかしたら数年後にはそういう格好が好きになってるかもしれない。

いろんな人たちと出会っていろんな文章を読んで、いろんな音楽を聴いて、いろんな関わりの中で自分の好みも変わるかもしれません。

 

ただただ、私はパーソナルカラー診断を受けてよかったし幸せになれました。ワクワクします。おとといよりもコスメが好きになってます。

しかし強制されるものではなく、より楽しみたい人や困っている人が利用してほしいそんなものだと思う。

 

〜おめらす〜

www.instagram.com